上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
公開初日に、はりきって見てまいりました。
でも、告白すると、時間勘違いして、若干開演に遅刻しました。
映画を予告から見ないなんてありえへん!!と思いつつ、反省。

とても良かったです。
すきすき度はジョゼのほうが高いかもしれませんが、
後からじわぁっときます。とても美しい作品でした。
犬童監督の作品て、なんであんなにリアルなのにエグくないんやろ。
風がふーっと通りすぎていった感じになるのね、見た後。
凄い繊細な問題で、難しいはずなんやけど、
でも、此処に出てくり人たいは、とても魅力的で素敵だったよ。
ルビィと山崎さんは、なかでもかなり印象的。
ジョーは格好良過ぎたしコウちゃんの新たな魅力を感じた。
キャラだけなら、今まで演じてきた役に通じるもんがあったかもやけど、
何だろう、とっても新しく、新鮮に感じられた。

想いだけじゃどうにもなんないってこととか、
どうしようもなくリアルだったなー。
そして、みんな一人だったけど、だからみんなで居て、
その事実とか、それを囲んでるものとか、凄く美しく見えた。
良い涙が出ました。うん、やっぱ見に行ってよかった。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。